子猫の診察

こんにちは、うちの子動物病院です。

近頃、子猫の診察が増えてきました。

ほとんどの方が、「数日前から食欲が落ちて元気がない」という状態で連れてこられます。

子猫は食べない状態が続くとすぐに低血糖を起こしてしまいますし、生まれて間もない子だと、自分で排泄ができない子もいます。

数日様子を見ている間に亡くなってしまうこともよくあります。

昨日と様子が違うな?と感じた時点で動物病院に連れて行くことをおすすめ致します!

また、子猫をひろったけどどうしたらよい?という相談もふえております。

当院としては、飼育開始時にとりあえず一度連れてきていただくことをおすすめ致します 💡

月齢にもよりますが、糞便検査やノミなどの寄生虫がいるかどうかのチェックができます :-)

また、子猫の時期はちょっとの体重減少も命に係わる可能性がありますので、体重測定も重要になってきます。

なお、生後2か月を経過している場合は、「お母さんからの免疫」が切れる時期ですので、混合ワクチン接種をおすすめしています :-)

当院では、子猫を預かり、里親になって下さる方を探すことは対応いたしかねます。

しかし、ポスターや写真などを院内に掲示することはご協力させていただきますので、遠慮なくお声掛けくださいね 😮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加